建売住宅の庭に植えられている木にも注目

建売住宅は外構がしっかりと作られている物件が多いという印象です。建売住宅のなかには、庭に木まで植えられている物件もありますね。

針葉樹林の場合でしたら、夏は青々とした葉っぱが夏の陽射しを適度に日よけしてくれて、そして秋になれば葉っぱが落ちて、冬は日光を遮らないといったように、庭の木も新居での生活を快適にしてくれることに一役買ってくれることでしょう。

ですから、庭に木がある建売住宅は窓からの景観の良さも合わせて、とても魅力が多いのですが、しかしながら注意点はひとつありますからね。あまりにも住宅と木が接近している場合、虫の被害に悩まされることがありますので。

住宅と木の距離があまりにも近いと、桜の場合は洗濯物に毛虫が落ちてくることもありますからね。また、松を庭に植えている場合は、松脂や末の大量の枯れ葉に悩まされることもあるでしょう。もちろん植えられている木にもよりますけれど、なんにせよ住宅との距離がある程度あれば、問題にならない可能性は高くなります。ただ近いとその逆で…。

<PR>童話|心の童話|GetMoney|英語上達の秘訣|貯蓄|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|アフィリエイト相互リンク|初値予想|オーディオ|マッサージのリアル口コミ.com||英語上達の秘訣|