一戸建てに住むのが初めてな故に

これまで一戸建てに住んだ事が無くて、今回初めて広島で新築一戸建てに住んでみたのですが、初めてが故にイマイチ部屋を上手く使いこなせていません。と言うのも、本来は二階の洋室にエアコンが付いているのでそちらが一般的には寝室なのでしょうが、どうも畳で布団で寝ている私には合わないので、一階の和室で無理矢理寝ています。ちなみに和室にはエアコンが無い為、夏をどう乗り切るか考えものです。

そして二階の洋室がどうなったかと言うと、とりあえず一階に収納しきれない物や、とりあえず使わない物を無造作に置いているだけのただの物置状態になっていて、いつか掃除しないといけないと思いつつも手付かずのままになってしまっています。

一戸建てに住む前に、きちんと部屋割りを決めて、何処に何を収納するかを決めておくべきだったと後悔しています。恐らく引越し等が無い限りは放置なんだと思います。それにしても、二階の部屋を物置として使うのは勿体無いので少しずつ掃除したいです。

2階のトイレの必要性について

みよし市に自然素材の家を建てる際に、1階と2階にそれぞれトイレを設置しました。初めは2階にもトイレを付けるという気はなかったので、予算の関係もあって、洗面台はなし、トイレタンクからの水で手を洗う、という最もシンプルなトイレです。最近は2階にもトイレを設置するのが一般的(と言われた)、4人家族なので、2ヶ所あった方が便利、夜トイレに行きたくなった時の安心感等考えて設置しましたが、本当に必要だったか、今では少し疑問に感じています。
また、どうせトイレを作るなら、洗面台も付ければよかったと後悔しています。2階のトイレは給水場所としての役割を果たすことができず、本当にトイレとしてしか使えません。幸い、ベランダにも水道を付けているので、加湿器の給水等、水が必要な時はベランダの水道を使っています。
2階のトイレを使っているのは主に子供たちで、自室に入ると階下にまったく降りてこなくなるのも気になるところです。
歳をとったら、2階のトイレをありがたく感じる日がくるかもしれませんが、トイレを作るなら、洗面台も一緒に付けることをおすすめします。

家づくりに際して子供のために気を付けた子供部屋

私は、リフォームや新築住宅の家づくりをした経験があるのですが、その際には子供のために気を付けたことがあります。まずは、子供部屋は広々として明るいイメージにしたいと思って、そのような部屋にしました。子供部屋はつくって上げたいと思いましたし、一応その時は子供がまだいなかったのですが、2人と決めていたので、二人の設定で作りました。また、将来的に分けることが出来る子供部屋にしようと思っていましたが、最初は繋がっていた方が便利だと思いましたので、あとから分けることが出来るように設定しました。その方が広く使う事が出来るからです。
さらに、子供部屋ですが、あまり部屋にこもるようなことになってもらったら困ると思いましたので、リビング階段にして、子供部屋に入るときに、親の目が行き届くようにしました。そうすることで、リビングで基本的には過ごし、子供部屋に行くことが出来るようになると思ったからです。
子供の成長に関することにも気を配り、間取りを作ることができたと思っています。