一戸建てに住むのが初めてな故に

これまで一戸建てに住んだ事が無くて、今回初めて広島で新築一戸建てに住んでみたのですが、初めてが故にイマイチ部屋を上手く使いこなせていません。と言うのも、本来は二階の洋室にエアコンが付いているのでそちらが一般的には寝室なのでしょうが、どうも畳で布団で寝ている私には合わないので、一階の和室で無理矢理寝ています。ちなみに和室にはエアコンが無い為、夏をどう乗り切るか考えものです。

そして二階の洋室がどうなったかと言うと、とりあえず一階に収納しきれない物や、とりあえず使わない物を無造作に置いているだけのただの物置状態になっていて、いつか掃除しないといけないと思いつつも手付かずのままになってしまっています。

一戸建てに住む前に、きちんと部屋割りを決めて、何処に何を収納するかを決めておくべきだったと後悔しています。恐らく引越し等が無い限りは放置なんだと思います。それにしても、二階の部屋を物置として使うのは勿体無いので少しずつ掃除したいです。

2階のトイレの必要性について

みよし市に自然素材の家を建てる際に、1階と2階にそれぞれトイレを設置しました。初めは2階にもトイレを付けるという気はなかったので、予算の関係もあって、洗面台はなし、トイレタンクからの水で手を洗う、という最もシンプルなトイレです。最近は2階にもトイレを設置するのが一般的(と言われた)、4人家族なので、2ヶ所あった方が便利、夜トイレに行きたくなった時の安心感等考えて設置しましたが、本当に必要だったか、今では少し疑問に感じています。
また、どうせトイレを作るなら、洗面台も付ければよかったと後悔しています。2階のトイレは給水場所としての役割を果たすことができず、本当にトイレとしてしか使えません。幸い、ベランダにも水道を付けているので、加湿器の給水等、水が必要な時はベランダの水道を使っています。
2階のトイレを使っているのは主に子供たちで、自室に入ると階下にまったく降りてこなくなるのも気になるところです。
歳をとったら、2階のトイレをありがたく感じる日がくるかもしれませんが、トイレを作るなら、洗面台も一緒に付けることをおすすめします。

家づくりに際して子供のために気を付けた子供部屋

私は、リフォームや新築住宅の家づくりをした経験があるのですが、その際には子供のために気を付けたことがあります。まずは、子供部屋は広々として明るいイメージにしたいと思って、そのような部屋にしました。子供部屋はつくって上げたいと思いましたし、一応その時は子供がまだいなかったのですが、2人と決めていたので、二人の設定で作りました。また、将来的に分けることが出来る子供部屋にしようと思っていましたが、最初は繋がっていた方が便利だと思いましたので、あとから分けることが出来るように設定しました。その方が広く使う事が出来るからです。
さらに、子供部屋ですが、あまり部屋にこもるようなことになってもらったら困ると思いましたので、リビング階段にして、子供部屋に入るときに、親の目が行き届くようにしました。そうすることで、リビングで基本的には過ごし、子供部屋に行くことが出来るようになると思ったからです。
子供の成長に関することにも気を配り、間取りを作ることができたと思っています。

猫と子どもと快適に暮らす注文住宅

私が大津市にマイホームを買おうと決心したタイミングは、妊娠中に子どもが産まれたら物が増えるし、のびのび遊んだ欲しいと思い決意しました。土地選びで苦労した点は、なかなか自分の希望に沿う予算の土地がなかった点です。主人が電車通勤なので、駅近物件を探していたのですが、駅近物件はどれも土地が狭かったり日当たりが悪かったり価格がとても高かったりとなかなか希望の土地を見つけることができませんでした。毎日土地情報をインターネットで探して、やっと条件に合う土地を見つけることができました。

 

私の住まいの自慢ポイントは、日当たりがとてもいいところです。東側が道路で南側は駐車場なので朝から夕方まで太陽の光が入ってきて気持ちが良いです。家を建てる際に日当たりは重視していたので、南側に大きな窓をつけました。
後悔スポットは、庭が狭いところです。土地を購入したときはそんなに気にならなかったのですが、いざ家が建ってみると庭が広くないのでウッドデッキをつくったりBBQをしたりすることができないのが後悔ポイントです。

 

家づくりの際に家族からは1階に和室が欲しいと要望がありました。リビングを広くすることも考えましたが、子どもが小さい間は少し昼寝したり、遊んだりして、大きくなったら大人がゆっくりする場所として使えると思い和室を作りました。

 

家づくりに際して子どものために気を付けた点は、段差を作らないようにしました。
本当は和室を小上がりのようにしたかったのですが、子どもの安全を考えて段差をなしにしました。
家を建てて自分たちが住みやすくくつろげる家になったので、毎日仕事や育児を頑張ろう!という気持ちになり、絆が深まったと思います。

教室を一部屋、注文住宅で依頼

自宅で学習塾を開いているので、子供達が週3回ほど習いに来ます。なので、一部屋は学習塾向けの教室にしたいと思い、1階のガレージはリフォームして学習塾専門の部屋にしたいと考えていました。なので、注文住宅にして1部屋は学習塾として利用できるよう、フローリングで大きなホワイトボードを置き、スッキリとした部屋の感じにしたいと思い、アレコレとこちらの要望を伝えることにしました。やはりスッキリとした部屋の印象は大きく違います!子供達が騒いでも良いように、防音効果がある壁にするなど、色々と工夫してもらいました。そして壁など傷つきにくいような造りにしてもらったり、色々と対策してくれるので、とても楽しくなりました。テンションもアップできる室内になり、テーブルを置き、しっかり子供達が学習に集中できるような部屋の造りにしたので、楽しく学習できるようになりました。低学年から中学生まで通っている塾なので、雰囲気造りは重視することにしました。

主婦のみかたの家のようす

わたしは、40代の主婦です。数年前に刈谷でリフォーム物件と散々迷った挙句、思い切って新築の建売住宅を購入しました。私の家に自慢をご紹介したいと思います。私の家は、天井が高いです。なので、普通の家に比べると空間が広く感じます。そして、壁が白なのですっきりとした感じです。壁紙の色って重要なの知ってましたか?やはり、白は、一般的な色ですが落ち着く色です。私が以前住んでいたアパートの壁紙の色は、なぜか水色でした。その部屋にいても、落ち着かず外へ出ていました。なぜでしょうか。冷たいというか寒くはないのですが、心理的に無理でした。そして、2階建てなんですが、ベランダが広いです。そして、ベランダのところに屋根がついてるので突然の雨がふってきても、急いで家に帰る心配はないのです。主婦にとって、毎日のお天気はかなり主婦の時間を左右させる大事なものでもあるのです。家族の洗濯は、毎日欠かさず、当たり前のことです。欠かすことができない選択だからこそ、朝起きるとまず天気予報をチェックします。

東京都心に住む理想の地は渋谷区広尾

東京の住みたい街、住んでみたい街といえば、都心部に焦点を当てると渋谷区広尾ということになるでしょう。 「広尾」といえば渋谷や新宿、六本木に赤坂、そして、東京や銀座など著名な名称と比べると、若干ながら知名度としては低い感じがありますが、都民の皆さんから言わせれば渋谷区広尾というところは垂涎の地とも言われるそうです。

位置的には東京でも山手線の内側というところになり、隣接している地域も華やかな恵比寿や麻布や白金といった高級地域にあって、地理にも非常に恵まれているところでもあります。 そんな事で住環境としては渋谷の郊外の高級住宅街として東京都内でも住んでみたいところの一つとして最高に人気のあるところです。

主要な駅としては地下鉄の東京メトロ日比谷線に広尾駅があります。 此の広尾の駅直ぐのところには現皇后様の美智子様が卒業された聖心女子大もあり、又、周辺は各国の大使館なども多くあり、広尾駅の東口直前が憩いの場所の有栖川公園になっています。 此の駅周辺には女子大生や各国の大使館員が利用する、多くのグルメ店や甘味、スイーツ店なども軒並み並んでいますし、緑や緑地も多くあって住環境としては申し分ないところです。

PR|注文住宅で自然素材の家づくり

建売住宅を購入して便利に感じた点とデメリットに感じた点

結婚をして子供が出来ると賃貸アパートでは部屋が足りなくなるので、みよしで新築一戸建てを購入しました。建売住宅が販売していた場所は駅からは少し距離がありますが、周辺にはスーパー、コンビニ、ホームセンターなど日用品を購入する事が出来る店舗が揃っているので生活するのにすごく便利です。また、バスなど公共機関が充実しているので少し距離がある駅に行くのにもすごく便利です。

建売住宅は複数の建物を同時に建設していたので、角の住宅を選びました。角の住宅を選んだら車の出入りがスムーズで出かける時にすごく便利です。しかし、実際に角の住宅で生活をしてみるとデメリットになってしまった事もありました。まず、車が通る時の音が部屋の中に聞こえてくるのでデメリットに感じてしまいました。

建売住宅を購入する時は角の住宅が人気がありますが、場所によってはデメリットになってしまう事もあるので購入する前に周辺の環境もしっかり確認しておく事が大切になってきます。

ケチったフェンス費用の代償

私は現在の建売住宅に住んで10年になります。この家を購入するきっかけは住んでいた社宅が取り壊される事になった為でした。社宅は古い分とても家賃が安かったので貯金をたくさんする事が可能でした。賃貸か購入か悩んだ末に資産を残せると考えて、豊田で新築一戸建てを購入しました。

建売ですが間取りや内装等の変更は可能だったので毎日毎日夫婦で話し合いをしては毎週末営業担当者と打ち合わせを重ねる日々。初めてのマイホームなので気合が入ります。ああしたいこうしたいと希望が膨らむとオプション費用もかさみました。家の内装や設備が決まると最後は外構をどうするかです。もともとオープン外構の建売だったのですが、我が家の庭が隣家の玄関に面しているのでルーバーフェンスを勝手口の周りだけつけてはどうかと提案されました。確かに隣家の住人と出くわした時は気まづくなるだろうなとは思ったものの、フェンスをつけると予算オーバーになります。その時は深く考えずに断りました。に至りました。

しかし、住み始めてみると隣の住人は玄関先の花壇の手入れをしたり玄関先で子供と一緒に遊んでいる事が多く気まづくて勝手口から出る事ができませんでした。フェンスがないので私が出るとばっちり顔を合わす事になります。この時にフェンス代をケチるんではなかったと後悔しました。その後は隣家と違う事で溝が生じて険悪な仲になった事もありなおさら後悔しました。フェンスがあれば姿が見えないので気兼ねなく外へ出れるのにと思うと憂鬱でなりません。ケチったフェンスの代償は私にとって大きかったです。

私が住んでいる家は最高です

注文住宅と建売住宅で迷った結果、二年前に草津市で注文住宅を建てました。私たち夫婦の欲しかった家を建てる事ができたのです。夫は広いリビングを所望していました。そして私は多い収納を所望していたのです。
リビングはなんと二十八畳あります。ソファを置いてテーブルを置いても、全然余裕のあるリビングです。端っこに夫の書斎を個室風に作ってあります。とても良い空間だと思います。
そして部屋のそれぞれには、収納を忘れずに作ってもらったのです。それも結構広い収納です。リビングには三畳の収納を、そして寝室には六畳の収納を作ってもらったのです。
子供部屋にはそれぞれ三畳の収納があります。何でもポイポイと入れれるので、子どももとても喜んでいるのです。
女性には嬉しい収納ですが、同じように男性だって嬉しいものだったのです。夫も買ったものを、ポイポイと収納へ入れているのです。そんな姿を見ていたら、注文住宅にして良かったと思います。建売住宅だったら、こんなにも多くの収納はないでしょう。