平屋一戸建てにした理由と実際の住み心地

結婚してから約9年間、賃貸マンション→賃貸アパートで暮らしていましたが、家賃が高いこともあり、家の購入を検討していました。ちょうどよいタイミングで、町が所有する土地を格安で購入できる機会があり、申し込みました。抽選後見事に当選!約60坪の土地を190万円で購入することができました。土地を安くで買えたので、夢の平屋を建てることにしました。平屋にした最大の理由は、掃除が楽なことと、老後の住みやすさです。私はかなりの面倒くさがりなので、何としても掃除を楽にしたかったんです。

 

2階建てとなると、階段や2階の部屋という広範囲にわたっての掃除が必要になってきますので。そして、子どもが一人なので、あと10年後にはもしかしたら夫婦2人暮らしになるかもしれません。そしたら、部屋数もいらないし、ましてや2階なんていらないだろうと思い、平屋にしました。結果、平屋は掃除がとても楽で、快適です。何より、いつでも家族が同じリビングにいるので、やっぱり2階なんていらなかったなぁと思います。平屋にしてよかったです。

一戸建てに住むのが初めてな故に

これまで一戸建てに住んだ事が無くて、今回初めて広島で新築一戸建てに住んでみたのですが、初めてが故にイマイチ部屋を上手く使いこなせていません。と言うのも、本来は二階の洋室にエアコンが付いているのでそちらが一般的には寝室なのでしょうが、どうも畳で布団で寝ている私には合わないので、一階の和室で無理矢理寝ています。ちなみに和室にはエアコンが無い為、夏をどう乗り切るか考えものです。

そして二階の洋室がどうなったかと言うと、とりあえず一階に収納しきれない物や、とりあえず使わない物を無造作に置いているだけのただの物置状態になっていて、いつか掃除しないといけないと思いつつも手付かずのままになってしまっています。

一戸建てに住む前に、きちんと部屋割りを決めて、何処に何を収納するかを決めておくべきだったと後悔しています。恐らく引越し等が無い限りは放置なんだと思います。それにしても、二階の部屋を物置として使うのは勿体無いので少しずつ掃除したいです。