猫と子どもと快適に暮らす注文住宅

私が家を買おうと決心したタイミングは、妊娠中に子どもが産まれたら物が増えるし、のびのび遊んだ欲しいと思い決意しました。土地選びで苦労した点は、なかなか自分の希望に沿う予算の土地がなかった点です。主人が電車通勤なので、駅近物件を探していたのですが、駅近物件はどれも土地が狭かったり日当たりが悪かったり価格がとても高かったりとなかなか希望の土地を見つけることができませんでした。毎日土地情報をインターネットで探して、やっと条件に合う土地を見つけることができました。

 

私の住まいの自慢ポイントは、日当たりがとてもいいところです。東側が道路で南側は駐車場なので朝から夕方まで太陽の光が入ってきて気持ちが良いです。家を建てる際に日当たりは重視していたので、南側に大きな窓をつけました。
後悔スポットは、庭が狭いところです。土地を購入したときはそんなに気にならなかったのですが、いざ家が建ってみると庭が広くないのでウッドデッキをつくったりBBQをしたりすることができないのが後悔ポイントです。

 

家づくりの際に家族からは1階に和室が欲しいと要望がありました。リビングを広くすることも考えましたが、子どもが小さい間は少し昼寝したり、遊んだりして、大きくなったら大人がゆっくりする場所として使えると思い和室を作りました。

 

家づくりに際して子どものために気を付けた点は、段差を作らないようにしました。
本当は和室を小上がりのようにしたかったのですが、子どもの安全を考えて段差をなしにしました。
家を建てて自分たちが住みやすくくつろげる家になったので、毎日仕事や育児を頑張ろう!という気持ちになり、絆が深まったと思います。

教室を一部屋、注文住宅で依頼

自宅で学習塾を開いているので、子供達が週3回ほど習いに来ます。なので、一部屋は学習塾向けの教室にしたいと思い、1階のガレージはリフォームして学習塾専門の部屋にしたいと考えていました。なので、注文住宅にして1部屋は学習塾として利用できるよう、フローリングで大きなホワイトボードを置き、スッキリとした部屋の感じにしたいと思い、アレコレとこちらの要望を伝えることにしました。やはりスッキリとした部屋の印象は大きく違います!子供達が騒いでも良いように、防音効果がある壁にするなど、色々と工夫してもらいました。そして壁など傷つきにくいような造りにしてもらったり、色々と対策してくれるので、とても楽しくなりました。テンションもアップできる室内になり、テーブルを置き、しっかり子供達が学習に集中できるような部屋の造りにしたので、楽しく学習できるようになりました。低学年から中学生まで通っている塾なので、雰囲気造りは重視することにしました。

私が住んでいる家は最高です

注文住宅と建売住宅で迷った結果、二年前に草津市で注文住宅を建てました。私たち夫婦の欲しかった家を建てる事ができたのです。夫は広いリビングを所望していました。そして私は多い収納を所望していたのです。
リビングはなんと二十八畳あります。ソファを置いてテーブルを置いても、全然余裕のあるリビングです。端っこに夫の書斎を個室風に作ってあります。とても良い空間だと思います。
そして部屋のそれぞれには、収納を忘れずに作ってもらったのです。それも結構広い収納です。リビングには三畳の収納を、そして寝室には六畳の収納を作ってもらったのです。
子供部屋にはそれぞれ三畳の収納があります。何でもポイポイと入れれるので、子どももとても喜んでいるのです。
女性には嬉しい収納ですが、同じように男性だって嬉しいものだったのです。夫も買ったものを、ポイポイと収納へ入れているのです。そんな姿を見ていたら、注文住宅にして良かったと思います。建売住宅だったら、こんなにも多くの収納はないでしょう。