猫と子どもと快適に暮らす注文住宅

私が家を買おうと決心したタイミングは、妊娠中に子どもが産まれたら物が増えるし、のびのび遊んだ欲しいと思い決意しました。土地選びで苦労した点は、なかなか自分の希望に沿う予算の土地がなかった点です。主人が電車通勤なので、駅近物件を探していたのですが、駅近物件はどれも土地が狭かったり日当たりが悪かったり価格がとても高かったりとなかなか希望の土地を見つけることができませんでした。毎日土地情報をインターネットで探して、やっと条件に合う土地を見つけることができました。

 

私の住まいの自慢ポイントは、日当たりがとてもいいところです。東側が道路で南側は駐車場なので朝から夕方まで太陽の光が入ってきて気持ちが良いです。家を建てる際に日当たりは重視していたので、南側に大きな窓をつけました。
後悔スポットは、庭が狭いところです。土地を購入したときはそんなに気にならなかったのですが、いざ家が建ってみると庭が広くないのでウッドデッキをつくったりBBQをしたりすることができないのが後悔ポイントです。

 

家づくりの際に家族からは1階に和室が欲しいと要望がありました。リビングを広くすることも考えましたが、子どもが小さい間は少し昼寝したり、遊んだりして、大きくなったら大人がゆっくりする場所として使えると思い和室を作りました。

 

家づくりに際して子どものために気を付けた点は、段差を作らないようにしました。
本当は和室を小上がりのようにしたかったのですが、子どもの安全を考えて段差をなしにしました。
家を建てて自分たちが住みやすくくつろげる家になったので、毎日仕事や育児を頑張ろう!という気持ちになり、絆が深まったと思います。